YuHo のブログ

Laravel, PHP, JavaScript

Laravel 5.6 Migration

make:migration [migration_file_name]

マイグレーションファイルを作成する。

--create=[table_name]

make:migration のオプション。マイグレーションファイルが新規にテーブルを作成することを示す。

--table=[table_name]

make:migration のオプション。マイグレーションファイルが既存のテーブルを編集することを示す。

-path=[path_location]

make:migration のオプション。マイグレーションファイルを作成する位置をアプリのルートから指定する。

migrate

マイグレーションを実行する。

--force

migrate のオプション。既存のデータベースの情報を削除してでも migrate を実行するような場合に特に利用する。

migrate:rollback

前回分の migration を巻き戻す。

--step=[N]

migrate:rollback のオプション。巻き戻す migration の数を指定する。

migrate:reset

全ての migrateion を巻き戻す。

migrate:refresh

全ての migration を巻き戻し、全ての migration を実行する。

--seed

migrate:refresh のオプション。migration を再び実行する際に、Seeder も共に実行する。

--step=[N]

migrate:refresh のオプション。巻き戻して、再実行する migrate の数を指定する。

migrate:fresh

全てのテーブルを落として、全ての migration を実行する。

--seed

migrate:fresh のオプション。migration を再実行する際に、Seeder も共に実行する。

あとがき

いずれテーブルにまとめる
migrate:rollback の1回分の意味は?
step の1つの意味は?